印刷物と同じ状態をキレイに素早く表示できるデジタルカタログ

印刷用データをJPEGやPDFに変換すればウェブに使えます。しかし…

告知活動や販売促進活動などでは、ターゲットに的確に情報を届けるために、印刷物だけではなく、ウェブの活用が当たり前になっています。

印刷物のチラシ・パンフレット・商品カタログ・会社案内などを作ってそのままのデザインのものをホームページやブログなどに掲載したい! 貼り込みたい!…そう思ったことはありませんか?

そうした場合に、今までは印刷用として使ったデータを画像のJPEG形式やAcrobat・Adobe Readerで閲覧できるPDF形式に変換して掲載していたのではないでしょうか。

 

      

 

JPEG形式やPDF形式は、画像の品質(画質)とファイルサイズが密接に関係しています。

画像をキレイに表示するために画質を良くすると、ファイルサイズが大きくなってしまいます。ファイルサイズが大きいと、表示が遅くなります。

逆に、表示を早くするためにファイルサイズを小さくすると、画質が悪くなってしまい、細かな部分の表現ができなかったりします。

つまり、JPEG形式の画像・PDF形式のファイルは画質とファイルサイズのバランスの調整が難しいという問題があります。

 

  ×  

 

デジタルカタログはこの問題を解決します。

吉田印刷所のデジタルカタログ変換サービスを利用することで、画質がきれいで、表示も早く、めくれる動作のあるカタログを掲載することができるのです。


デジタルカタログは画質が高いまま、表示も早い

JPEG画像とPDFとデジタルカタログの違いを解説します。

 

チラシやカタログデータから作成したJPEG画像やPDFファイルは、スタンダードなファイルなので、手軽に用意できます。

しかし、これらの形式はネットで閲覧するには様々な問題点があります。

 

例えば、JPEGファイルでは複数ページをまとめる機能がないため、カタログ・冊子といった複数ページのものの表現はできません。

また、PDFファイルは、複数ページをまとめる機能やフォントや画像を含めて、どこでも同じように見られる優れた形式ですが、(特に設定をしない限り)ファイルを全て読み込まないと表示ができないため、ページが多い場合、なかなか表示が開始されないことも多くあります。

 

他にも様々な違いがあるので、JPEG・PDF・デジタルカタログの違いを表にまとめてみました。

JPEG・PDF・デジタルカタログの違い

吉田印刷所が提供するデジタルカタログは、全体の画像を読み込むのでは無く、表示に必要な部分の画像だけ読み込むため、ネットでの表示が早く快適です。

また、吉田印刷所が提供するデジタルカタログは、スマートフォン用アプリが必要ありません。このため、第三者にデジタルカタログを見てもらう際に、「まずはアプリをこちらのアドレスからダウンロードして…」といった面倒がありません(他社のデジタルカタログ変換ではアプリが必要なものもあります)。標準のブラウザーだけで表示できるのが分かりやすくて便利です!

こうしてみると、デジタルカタログはネットで見るには非常に優れた形式だということがわかります。

 

 

デジタルカタログのデメリットは?

デジタルカタログにも苦手な分野はあります。それは「ネットの繋がらないところ(オフライン)で見る」ということです。弊社のデジタルカタログはネット接続が必須なのでネットに繋がらない場所では見ることができません。

でもそれは他のJPEG画像やPDFも同じです(JPEG画像やPDFは、あらかじめダウンロードしておけば見ることができます)。